中国語教室・英語教室・二胡教室・中国語企業研修のチャイナリニア語学教室

03-5715-1063

email:info@chinalinear.com
受付時間10時~21時(年中無休)

HSK認定校

スタッフブログ

2016.12.07 (関連グループ校東京華楽坊芸術学校)中国民族楽器演奏能力検定試験考後総括

(関連グループ校東京華楽坊芸術学校)  

 第一回中国民族楽器演奏能力検定試験(東京地区)は、2017年11月27日15時に日本東京北区滝野川小ホールにて実施され、大きな成果を収めました。

     この度の中国民族楽器演奏能力検定試験に参加した受験生は、全部で15名で、日本人と在日中国人からなり、そのうち最年少はたった6歳、最年長は54歳でした。

     試験科目は二胡、古筝、琵琶、阮、横笛、揚琴等22種類の中国民族楽器が設置され、この度の主な申し込み科目は二胡と古筝でした。

 

 

111一、審査の原則とプロセス

 

 

この度の試験の全審査プロセスは公平、公正、公開の原則に則り、試験の全行程を録画したビデオを中国の専門機関に提出して検定を行いました。演奏能力検定試験の成績は合格後、全国社会芸術水平試験センターにて登録され等級証書が発行されます。

 

 

 

二、当日の検定試験および受験生の反響

 

 

このほか、当日の試験業務は厳格かつスピーディーに行われました。当日午後二時には審査員の方々も定刻に到着し
、試験の事前ミーティングが行われ、午後三時、正式に試験が始まりました。審査員は、各受験生が演奏を終えるたびに、それぞれ適切なアドバイスをし、また激励しました。アドバイスと激励を受けた受験生の中には、「試験前はとても緊張しましたが、毎日家で試験の曲目を何度も練習し、自分の演奏技術が飛躍的に伸びているのを感じました」と打ち明ける人もおり、またある受験生は、今回の試験のおかげで、長い間手付かずにしていた二胡の曲をまた始めることができたことに心から感謝していました。受験生みんなが、中国民族楽器を続けていきたいという目標と自信を思い思いに表現していました。

 

 

三、一部分各受験生の演奏試験スタイル

333

四、意義と由来

 

 

     今回の試験を主催・運営しているチャイナリニア株式会社の社長・東京華楽坊芸術学校の校長であり、中国民族楽器演奏能力検定試験(東京地区)の執行主席でもある何慧群女史は、今回の試験は中国の民族音楽界の方々、関係機関、特に広東省民族管弦楽学会の大きなご支援の下、一年近く準備を行ってきたことで、無事実施にこぎつけることができた、と紹介しています。

何慧群女史によりますと、日本における中国民族楽器の学習と普及には、以下の幾つかの課題があります。

    一、現段階で広めている中国民族楽器は、種類が単一ということ。今のところ二胡が主となっていて、その他の民族楽器の認知度はそれほど高くないのが現状です。

    二、中国民族楽器を学ぶ生徒は年々増加しているものの、演奏レベルを専門的に測れる正式な場は少なく、中国民族楽器の学習者にとっては、計画的な学習目標が立てにくくなっています。

    三、各中国民族楽器教室の講師と生徒に共同交流の場が乏しいということです。

そこで、当検定試験を日本で実施すれば、上記のこれらの問題が大きく改善されることになります。何女史はまた、今回の試験は、中国民族楽器の総合的な等級試験のスタイルとしては日本初の実施となったという点で、大きな意味を持ち、中国の主管機構の指導の下、審査業務の公平、公正、公開および試験業務の緻密・厳格の原則を堅持していきたい、と語っています。

 

 

555

五、総括と希望

 

 

中国民族楽器演奏能力検定試験(東京地区)事務局の陳竜章局長は、「日本での中国民族楽器演奏能力検定試験実施は、クリエイティブなプロジェクトであり、シリアスかつ情熱的であると言える。その歩みを着実に進めていけば、来年は更に大きな規模の試験となるであろうことは、参加したすべての人が一致して思うところである。」と語っています。

 

 

六、結果対応業務

 

 

各受験生の資料及びビデオはすでに中国の専門主管機関に送付し審査段階に入っております。中国の専門主管機関で一連の審査が行われた後、中国民族楽器演奏能力検定試験駐日本事務局へ結果が発送されます。その際には各受験生の試験結果を発表いたしますが、まだ多少お時間がかかりますことご了承下さい。それまで受験生の皆さんはもうしばらくお待ち下さいますようお願いいたします。
 
 
 
【第十三期汉语会话沙龙小结】
在2月5日上午举行的第十三期汉语会话沙龙在欢乐的气氛下结束了。共有6人参加了此次会话沙龙
一位是我们的老朋友:城永先生,他学习汉语已经两年左右了。虽然他家住在很远的横滨,但是他依然坚持经常来参加我们的沙龙。
 
555
一位是新加入的学员,大冢女士,她学习汉语已经四年多了。她非常喜欢和中国人聊天。
另外四位是我们的汉语老师们。他们非常愿意帮助学员们不断地提高汉语会话水平。
555
此次沙龙的主题是“中国菜”,首先学员们轮流说出他们知道的中国菜以及它们的味道。城永先生可能是因为住在横滨,离中华街近,所以知道很多中国菜,连地道的“咕咾肉”也知道!接着汉语老师们介绍了其他有名的中国菜:麻婆豆腐,宫保鸡丁,水煮鱼,糖醋鱼,担担面,干煸豆角。学生们看着那些菜的图片,忍不住垂涎三尺。 
两位学员对此次的话题非常感兴趣,因为他们都喜欢做菜,并且向我们介绍了他们的拿手菜以及做法。可惜,他们不擅长做中国菜,所以汉语老师非常耐心地告诉他们如何做“麻婆豆腐”。在听的过程中,学员们也学会了很多关于烹饪的单词和句型,同时,在老师的引导下,成功得描述了如何做“宫保鸡丁”。希望他们回家后,可以尝试做一做 。 
555
最后,学员们学习了一个有趣、地道的中文短语“靠谱”。它形容一个人非常可靠。一开始,学员们怎么都猜不出这个词的意思,于是老师播放了一段有趣的视频,他们才明白过来。你身边有没有“靠谱”的人?欢迎来参加我们的汉语会话沙龙,与我们分享你的故事。

無料体験レッスンのお申し込みはこちら

ワールドリニア語学院の無料体験レッスンは随時受け付けております。
まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

03-5715-1063

メールでお問い合わせはこちら